ネット予約
エクステ情報
スタッフ募集
 

まつ毛が抜けてしまう原因

まつ毛が抜けてしまう原因

知らず知らずのうちにまつげが抜け、本数が減り、生えてこなくなってしまうという経験はありませんか?

まつげが自然に抜け落ちるのではなく過剰に抜けてしまう場合、主な原因には次のようなものがあります。

 

◆擦り過ぎ
まつげは皮下に埋まっている長さがたった2mmと短い毛。
なので、少しの刺激でもかなり抜けやすい性質を持っています。
目をこするということは、その周辺に過剰な刺激を与えているという事になり脱毛の原因にもつながります。

◆うつぶせ寝
うつぶせに寝てしまうと、まつげは常に摩擦されている状態になります。
この摩擦による刺激で、抜けやすくもなります。
うつ伏せが一番楽な姿勢だと感じのも分かりますが、もしまつ毛の抜けが気になるようでしたら少し意識をして、横向きや真上を向いて眠るように心がけてみてください。

◆ビューラーのし過ぎ
クルンとカールしたまつげは女子の憧れです。
しかし、過度なカールをつけようと力いっぱいビューラーを握ることで、まつげが抜ける一番の原因になります。ビューラーのし過ぎには十分気をつけましょう。

◆マスカラの塗りすぎ
マスカラを塗ることも刺激になります。
1度では何でもなくても、毎日くり返し塗っていると、知らず知らずのうちにそれがまつげの抜ける原因になっている場合があります。
また、落ちにくいマスカラをメイクオフする時にも注意が必要です。
擦りながら落とす事は刺激になり、まつげが抜ける原因を作ってしまいます。

◆つけまつ毛&まつ毛エクステ
まつ毛の生え際やまつ毛自体にのせる事で、強い刺激によりまつげが抜ける原因になります。
つけまつ毛のノリやまつ毛エクステの接着剤は、普段問題なくても、体調によっては粘膜の炎症を引き起こす原因にもなります。
まつげに対する負荷だけでなく、健康なまつげを育てる妨げにもなるので、適度に行うこと良いです。

◆夜ふかし
まつげも体の一部です。
健康なまつげを維持するためにも、きちんと成長させてあげる必要があり、そのためには成長ホルモンの分泌が必要不可欠です。
成長ホルモンがもっとも分泌されるのは睡眠時なので、質の高い睡眠をとることが大切です。

◆まつげにもケアを!!
まつげも肌や髪の毛と同じようにスキンケアやヘアケアをきちんとすることで、健康な状態を維持することができます。
たかがまつ毛と思われるかもしれませんが、顔の印象を大きく変える大切な部位です。
ぜひ大切に労わってあげてください。

 
 

▲ ページトップ

アイトゥ東京日本橋店
 
 

Copyright © . 東京都 まつげエクステ&ネイルサロン Nailash salon Eyetoo[アイトゥ]All Rights Reserved.